• HOME
  • 利益相反管理方針

利益相反管理方針

弊社は、次のとおり「利益相反管理方針」(以下、「本方針」といいます)を定め、役職員が遵守することにより、お客さまの利益が不当に害されることのないよう努めてまいります。

1. 利益相反管理の対象となる会社の範囲

本方針において、利益相反管理の対象となる会社は、弊社およびスターツグループ各社のうち、保険業その他の金融業を行う会社( 以下「弊社グループ」といいます。)をいいます。

2. 対象取引およびその類型

  1. (1)対象取引
    本方針の対象となる「利益相反のおそれのある取引」(以下「対象取引」といいます。)とは、弊社グループが行う取引に伴い、お客さまの利益が不当に害されるおそれのある取引をいいます。
  2. (2)対象取引の類型
    弊社は、対象取引について以下のような類型化を行い管理します。
    1. ① お客さまの利益と弊社グループの利益が相反するおそれのある取引
    2. ② お客さまの利益と弊社グループの他のお客さまの利益が相反するおそれのある取引

3. 対象取引の管理方法

弊社は、以下に掲げる方法その他の方法による措置を選択し、または組み合わせることにより、適切に対象取引を管理します。

  1.  ① 部門間の情報を遮断する方法
  2.  ② お客さまの利益が不当に害されるおそれのある旨をお客さまへ開示する方法
  3.  ③ 取引の内容(条件・方法など)を変更する方法
  4.  ④ 一方の取引を中止する方法

4. 利益相反管理体制

弊社は、利益相反管理の遂行のため、利益相反管理統括部署を設置し、利益相反に関する情報の収集を行うことにより対象取引を一元的に管理します。
また、これらの管理を適切に行うため、役職員を対象に必要な教育・研修などを行います。

以上